HOMEブログ厳冬期に向けて

厳冬期に向けて

久しぶりの投稿となりました。もうすっかり冬になりましたね。

先日、市内の農業資材屋さんに頼んでビニールハウスを建ててもらいました。一畝(30坪)ほどのものですが、春先に出荷分の葉物や、夏野菜の育苗のために必要を感じて思い切っての導入でした。なるべくコストを安く抑えてもらうため、中古の骨組みを加工してもらったり、建てるときには自分も手伝わせてもらったりと業者さん(恵良農材さん)には本当にお世話になりました。のちのち自分で補修したり建て直したりできるように丁寧にレクチャーしてもらいながら一緒に建てさせてもらえ、本当に助かります。

毎日、雪がちらついたり、霜が降りたりと寒さが一段と厳しくなり標高200mほどのうちの周りでは防寒が必要です。今までは資材は使わずに生き残ったものだけ食べていればよかったけど、定期発送のためや、野菜セットの品数を確保するためにいろいろ試行錯誤が必要になってきました。産直の難しさ苦労を味わってます!でもおかげで食について、生きることについての醍醐味を味あわせてももらっています。感謝。

  • アーカイブ

  • メタ情報


  • このページの上へ